メニュー

喘息の予防薬(長期管理薬)について

喘息の薬には発作の時に使う「発作治療薬」と、主に発作予防に使う「予防薬」があります。予防薬の使い方や限界について、最近になり多くの事が分かってきたので、それをお伝えしたいと思います。

予防薬には、主に(1)ロイコトリエン受容体拮抗薬、(2)吸入ステロイドという薬が使われてます。なかでも吸入ステロイドの効果は大きく、重症の方が減っているとされてます。

しかし、長期に使うため、薬の不利益・副作用も総合的に判断した必要最小限の投与が望まれます。

さらに、予防薬を使えば 俗に体質改善といわれ、喘息が治ってしまうと期待してしまうのですが、この点は不明なことが多く、中止後に再発することもあります。

では、この薬は、どの様な患者さんに必要とされ、どのように使うのでしょうか? それを、全国の専門家から最も標準的な治療法とされている喘息ガイドラインに沿って紹介しましょう。

実は、同じ喘息といっても発作のひどさや発作回数は様々で、そのタイプにより治療法が大きく異なります。

最も多いのは、季節の変わり目を中心に年に数回発作を起こす間欠型といわれるタイプです。基本はその都度しっかり発作治療薬で治すのが原則です。

予防薬が推奨されているのは、発作回数が多く毎月のように発作を起こす持続型と呼ばれるタイプです。その発作の重さ(眠れるかどうか、入院になるかどうかなど)により使う薬が決定されます。

基本は3か月毎に定期的に長期管理薬の効き具合をチェックし、薬を減らしたり増やしたりという操作を繰り返します。その理由は、必要最小限の治療を行いたいからです。例えて言うと、一生で数回しか発作を起こさない患者さんもありえ、今回の発作が最後かもしれません。そのような患者さんに漫然と長期に渡って投与するのは結果的に不必要な治療を行うことになります。

以上、原則的な話をさせていただきましたが、喘息は個人差がとても大きい病気です。患者さん毎に、患者さんの重症度に合わせたバランスのとれた治療が望まれ、喘息の子供さんがより良い生活ができるように願ってます。 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME