メニュー

赤ちゃんの臍ヘルニア(でべそ)

横から見て、臍(へそ)が臍周囲の皮膚よりも出っぱっている場合はこの病気の可能性があります。出ている部分には腸が入っているので、触れると柔らかく、押さえるとグジュグジュと、お腹の中に戻っていきます。

左右の腹直筋が未熟なため生後1-2週間に赤ちゃんの5~10人に1人の割合で発症します。成長してハイハイやお座りなどができようになると、お腹の筋肉がついてきて、放置していても1才までに約9割は自然に治癒します。

以前は自然治癒が多いため放置されていました。しかし放置するとヘルニアで延ばされた臍部の皮膚は治癒しても縮む事が少なく、皮膚が余ってしまう状態になります。また、1割程度の赤ちゃんは治癒しないまま、いわゆる“出べそ”になってしまいます。

最近は出ている臍を(上手に)圧迫し続けると、早く治ることがわかってきました。そして早ければ早いほど治り易いので、皮膚が延びきる前に、出来るだけ早く、治療を開始することが推奨されています。圧迫にはコツがあり、感染・テープかぶれに注意が必要です。圧迫する期間は通常数か月程度です。

当院の治療成績としては、早期に治療を開始した場合、ほぼ全ての赤ちゃんで治っています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME