メニュー

食物アレルギーの食物経口負荷試験

最近は食物アレルギーの小児は増えていると言われてます。育ち盛りの子供さんにとって、自由に食べられないと本当に心配になります

その食物アレルギーの診断の決め手となる検査に、少しづつ食べてみる食物経口負荷試験があります。目的は、診断を確実にするためと、そして、どの程度までなら食べられるかを評価することです。

しかし、この食物負荷試験にはリスクがある事に注意しなければなりません。というのが、最近のマスコミ報道でご存じの方もあると思いますが、食物負荷試験と関係した事として「食物アレルギーの子供に計画的に食物経口負荷を行う」経口免疫療法という治療中に重症な事故が報告されました。

ここで、これらの事情を踏まえた当院での食物経口負荷の方針を紹介されて頂きます。

一口に食物アレルギーと言っても、実際には、アレルギーのひどさは様々です。発疹のみの軽いものから、発疹以外の全身の症状も急激に伴う重症なもの(アナフィラキシー)まで、一人一人で異なります。

つまり、アレルギー症状が軽い患者さんは、家庭で少量づつ経口負荷が可能です.
一方、過去にアナフィラキシーなどを経験したり、アナフィラキシーを起こしやすい食物の負荷では、万が一の場合には入院設備のない医院では危険性があるため、即入院→救急蘇生が可能な総合病院で行うのが安全と考えております。

また、負荷試験を行う時期については、年齢や食物の種類により、自然の耐性獲得しやすさ(成長とともに自然に食べれるようになる)と危険性は異なるため、患者さんに合わせて、臨機応変に対応すべきと考えます。

実際的には、乳幼児では食物アレルギーが成長とともに自然に軽快しやすいため、負荷試験の必要性は少ない一方、集団生活や給食への対応などで社会的必要性が高い方は実施することも多いです。

食物アレルギーの子供さんが、安全で適切な治療が行われ、将来、食事を楽しめるようになることが私達の喜びです。

 

 

 

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME